トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

■ウルトラマン【SFC】(3)

(=゚ω゚)ノィョゥ

秋酔でぇす

まだだ!まだ終らんよっ!!

スーファミ版ウルトラマン(;´Д⊂飽キテキタ

今回のお相手はコチラだーーーっ!

Ultraman_j_032_1

ステージ3 彗星怪獣ジャミラ 「故郷は地球」より

シルバァ、シルバァ、シルバァ アーー♪

”シルバー仮面”のOPが歌いたくなるのはオイラだけでしょう、きっと

乾燥肌の彼氏

意外とツエー

Ultraman_j_041_1

原理は知らんが火を吐きますよ

そんな彼氏が元地球人なのは内緒です

オイラの中身も地球人ですが

Ultraman_j_069_1

お里の違いでしょうか?

外人には勝てませんヽ(`Д´)ノバカー

3面にして、またもや大苦戦!

そんな時

呼んでもいないのに救いの手は現れたぜ

Icon_yarou_4 「邪魔するぜ お!?アキ、昼間から”ふぁみこん”か?」

オイラ「あ、S(エス)ガワラの兄ィじゃございませんか!」

※Sガワラの兄ィはTVゲームの類は全部”ふぁみこん”だ

Icon_yarou_5 「ほほう、なんか独りで騒いでると思ったら・・・お?うるとらまんじゃねーか」

オイラ「さすが兄ィ、一目でこいつがわかるたぁ見識深い」

Icon_yarou_6 「ワシにもちぃとばかり遊戯(やらし)てみぃ」

オイラ「は、はは こいつにはちょっとばかり手を焼いていまして」

兄ィ「ワシにまかせぇ!!!うちの舎弟の仇はワシがとるっ!」

兄ィがきてくれりゃ百人力だぜ、ウルトラ兄弟揃い踏みだ

Ultraman_j_058

兄ィ「もう充分に弱ってるじゃねーか、のう」

オイラ「いいとこ頼んますぜ、兄ィ」

Ultraman_j_062

兄ィ「修羅場を潜り抜けてきたワシの蹴りを喰らうんじゃい!」

Ultraman_j_063

オイラ「兄ィ、パンチ・キックもよろしいのですが・・・時には威嚇で光線技なぞも」

兄ィ「何をいっちょるか!男の喧嘩はステゴロじゃい!!」

N:正直、兄ィは下手だった

兄ィ「おいアキ!こいつ火を吹いたぞ、火ぃ!!」

オイラ「ジャンプかバリヤでしのいで下さい、兄ィ」

Ultraman_j_064

オイラ「(゚Д゚)」

兄ィ「おい!おいアキ!こうなったらワシのポン刀を持ってくるんじゃいっ!」

オイラ「兄ィ・・・・」

兄ィ「このままじゃワシやられてまうぞ!」

オイラ「(そのまま死んでくれって)」

兄ィ「舐めるなーっ異星人!!!」

オイラ「おおおっ!?」

Ultraman_j_066

兄ィの必殺の右が決まった!

オイラ「あ、兄ィの反撃か!?」

兄ィ「どサンピンがぁ!お?なんか横文字がでおったわい がははは、降参ってか?」

オイラ「”FINISH”サインであります、兄ィ スペシウム光線でトドメを狙って!」

兄ィ「飛び道具はイカン!第一、ワシから光線はでんのじゃい!」

オイラ「兄ィからじゃなくてウルトラマンから・・・あ、あーーーっ!?」

兄ィ「あ゛あ゛ーーーーーっ!!なんじゃい!?」

Ultraman_j_014_1

N:兄ィは死んだ・・・・

兄ィ「・・・・・・・・・帰る」

オイラ「お、おつかれさんでした・・・・」

兄ィ「なぁアキよぉ・・・・・・」

オイラ「へ、へぇ?」

Icon_yarou_7 「”ふぁみこん”は手強いのぉ・・・・・」

(もう、くんなよぉ~兄ィ(泣))

結局さぁ

Ultraman_j_046

自力で倒しちゃったよ

Ultraman_j_049

やり直し回数 15回(T:21回)

所要時間 1時間17分(T:2時間42分 残:9時間18分)

(`Д´)y-~ 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

■ウルトラマン【SFC】(2)

やぁオイラだよ

ここ、ココログの仕様に難儀しておりますわ

おかげで前回ブログのレイアウトがメチャメチャです(;´Д`)

まぁそのうちなんとかなるでしょうw

でスーファミ版”ウルトラマン”のプレイ記続編

N:宇宙怪獣ベムラーを辛くも退けたウルトラマンアキヨイ、

しかし、その勝利の余韻に浸る間もなく、次の敵が待ち受けていた!

戦士に休息はない、戦え!ウルトラマンアキヨイ!!

君に残された時間は、もう長くは無い・・・・

Ultraman_j_007

ステージ2 地底怪獣テレスドン 「地上破壊工作」より

Ultraman_j_009

前回のベムラー戦で怪獣タイプには慣れてきましたよ

Ultraman_j_011

ほら、なんかイイカンジに攻めてます(´ー`)y-~

ベムラーより手数が多く、投げ技外してきますが

Ultraman_j_013

( ゚▼゚)!!

Ultraman_j_014

舐めすぎですた

雑魚扱い、ごめんなさい

テレスドン・・・・

つーか

Ultraman_j_015

この償いは”死”だ!!!ヽ(`Д´)ノテメコノ

残機がねーじゃねーかw

こんなところ

ふかわりょうに見られたらネタにされちゃうぞ

ピロリロリンピロリロリン♪

『お前のウルトラマン、残機なくなってるよな』

『お前のウルトラマン、残機なくなってるよな』

とか2回言われちゃうぞコンチクショーww

Ultraman_j_016

ま、ま、とにかく

オイラの苦戦は続くのであった

やり直し回数:2回(T:6回)

所要時間:13分(T:1時間25分 残:10時間35分)

※( )内はトータルと残り時間

(`Д´)y-~ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

■ウルトラマン【SFC】(1)

やぁ

ゲームプレイ記”踊っていただけますか?”を御覧のみなさん、ういっすヽ(`Д´)ノ

なんとかこうして第一回目を書く気になりましたよw

今回、プレイしますソフトはこちら

Ultraman_j_0001_2 スーパーファミコンのウルトラマン

’91/4/6発売 BANDAI (ACT)

当時、アーケードの移植版ということで発売された一品

特撮好きのオイラはアクションが苦手にも関わらず購入した記憶がありますよ

この頃だとRPGかエロゲーばかりやってたオイラが

珍しくエンディングに辿り着きたい一心でプレイしてたよなぁ

勿論、クリアしたぜ

多分、今回もちょいとばかり練習すれば

割と楽とイケるんでは思っておりますよ ぐふっぐふっw

どんなゲームかというと怪獣とのタイマン3分1本勝負

時間内に敵の体力を削り、”FINISH”サインが出たら決め技”スペシウム光線”でとどめをさすヽ(`Д´)ノカカッテコイ

逆にこちらの体力がなくなると負け、ウルトラマンが一機(?)なくなっちゃうのさ

ということで今回のお約束

  • ノーコンティニュー(つか残機3を失ったらGAME OVERになるわな)
  • FINISH時の決め技”スペシウム光線”を撃つ前にバック転で間合いを取る(要は見せ、自己満足)
  • 制限時間12時間

1ファイト3分(360秒)とTVに沿った設定なので、カラータイマーが点滅してから決めるなどとも思案しましたが・・・・ブランクを言い訳にやめときますw

プレイ開始

オイラ秋酔、地球の平和を守る科特隊の下っぱだよ

そんなオイラだけど実は誰にも言えない秘密があるんだ

それはね・・・・(お、白状しちゃうのか?)

あ!?怪獣が現れたぞっ!!

ぐふぅぐふぅ、急展開だがオイラの誰にも言えない秘密を見せませうw

βカプセルという小道具を使ってうつーじん”ウルトラマン”に変身できるのさ

さ、ここは危ないから君たちは安全なところを下がっていたまえヽ(`Д´)ノ

N:小芝居をいれつつプレイ開始、頑張れ!ウルトラマン!!

Ultraman_j_008_4

”ばしゅっ!!”

Ultraman_j_000_3

ステージ1 宇宙怪獣ベムラー 

「ウルトラ作戦第一号」より

N:宇宙の凶悪怪獣ベムラーが現れた、負けるなウルトラマン!

Ultraman_j_001_1

颯爽と登場のオイラ

Ultraman_j_003_2

ちょっと苦戦の図

Ultraman_j_022_3

秋酔岩石落としで着実にベムラーを弱らせるオイラ

他にもパンチ・チョップ・急降下キックを荒業のオンパレード

Ultraman_j_023

ベムラーの悪あがきに危なかったが

とどめの”スペシウム光線”が決まった!!

Ultraman_j_024

ステージ1突破!

気がつけば1時間くらいかかってたよ(;´Д`)

体力、気力ともに充分に落ちているのがわかった

やり直し回数:4回

所要時間:1時間12分(残10時間48分)

1面から大苦戦じゃないか!!

残り9ステージ・・・・

(`Д´)y-~ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いんとろだくしょん

はいどもヽ(`Д´)ノ

オイラ秋酔さん

本日からゲームプレイ記を書くことになりましたよ

まぁきっかけはアレだ

某TV番組の1コーナー”○○の挑戦”に感化されたということで

(あえて秘す)

とはいえ

オイラの中の人は普通に働くおじさんだ

そうそうゲームばかりもやってられね

どこまで続くやら・・・・

とりあえず

レトロゲームネタで進めていく予定なので

気が向いたら

おじさんの応援でもしておくれw

詰まってるように見えたら

攻略コメントよろしこ

(`Д´)y-~ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年3月 »