« ■レッスルエンジェルスサバイバー【PS2】(4) | トップページ | ■レッスルエンジェルスサバイバー【PS2】(6) »

■レッスルエンジェルスサバイバー【PS2】(5)

(=゚ω゚)ノィョゥ

パタパタパタパタ・・・・・

「うぉーい、照明、ちと位置おかしくね?」

「あ~あ~、テステス、マイクテスト中・・・・・」

パタパタパタパタ・・・・・

「なんでこんなとこにオマル置いてあんね?」

お?やぁどもども、女子プロレス団体DWM社長の秋酔っす

ちと立て込んでますよ

今日は我が団体の旗揚げ日なんよぉ

準備とかで忙しいわけ

まぁまぁその辺で読み流してくださいな

※初めての方は(1)~から御覧になると進行具合がわかるかと思われる

1年目/5月 秋田

霧子「社長、先ほどから誰と話してるんですか?」

オイラ「ん?ああ・・・w 気にするなヽ(`Д´)ノゲフフン」

霧子「あの娘たち・・・・大丈夫かしら・・・・」

オイラ「今回、来日した外人ズ・・・中堅以下クラスだが、ウチの娘に勝ち目はないよ」

霧子「え?」

オイラ「デスピナ・リブレを遣してくれたのは興行的にありがたい」

霧子「・・・・・・あの娘たちのデビュー戦、旗揚げ興行で勝たせない、と?」

オイラ「AP積んで、トンちゃんや遥に勝たせてください、と頼むのはウチの方針じゃないよ」

霧子「そ、そこまでは・・・・」

オイラ「勝ってほしい思いはオイラも同じ、ど~れ、あいつらのトコに顔だしてくるわ」

0703030045045

んで、今シリーズの開催予定

資金の都合で4つがやっとだ・・・・(´・ω・`)

オイラんとこの本拠地”秋田”を皮切りに東北海道・青森・山形と巡業

そしてトンちゃんと遥にはシリーズ中、格上の外人レスラーと当たらせている

-控え室

オイラ「はろ~~ん、社長さんだけど入ってよい?よい?」

「・・・・・・・・・・・・ええ」

ガチャ

オイラ「どうよ、おめかしできた?」

口数の少ない二人、入団以来、会話もそこそこだが仲良くはやってる

そんなんだから予想はしてたが・・・・・ううむ辛気くさい

利美「・・・・・・・・・・」

遥「・・・・・・・・・・・」

オイラ「あ~二人ともデビュー戦で固くなってると思うが・・・・・」

利美「・・・・・・別に」

オイラ「試合が終ったら着替えて、入り口の方にきてくれ」

遥「・・・?」

それだけ言いオイラは控え室を出て行く

扉の直前で振り返る

オイラ「・・・・・・トンちゃん、遥 」

利美「・・・・・何?」

遥「・・・・・・はぃ」

オイラ「頑張ってこいっ!あと、なるべく怪我だけは気ぃつけろよ 新人だからって手加減はしてこねーぞ」

返事を待たずにオイラは部屋を後にした

それから数時間、開場の時刻となった

オイラ「うぅ~~~、お腹いて・・・・」

霧子「社長が一番、緊張してどーするんですか?」

オイラ「オイラの挨拶なんて・・・いらんでしょ」

霧子「旗揚げで代表の挨拶なしなんてわけにはいきませんっ!!」

おう!?懐の携帯が・・・・・

メールがきたわ・・・・・遥からだ

社長、頑張って・・・・ 遥

ふいに戸口の方を見る

あいつら二人で覗いてやがったヽ(`Д´)ノ

0703030045496

でオープニングだ

オイラ「・・・・誠にありがとうございます

今はちっさい団体だけど、メジャーになって全国のマニアックな女子プロファンが

ここ秋田にも集まるくらいにしてやるぜーーーっ!

今日集まってくれたお前ら、そん時は遅れとるんじゃねえぞーーーっ!」

数百人が集まった小さな会場

笑いと拍手が大きく響きだす

オイラ「よーしよし、ノリだけは最高のお前らー愛してるぜw

それじゃDWMはじめーよか、全員ご起立よろしく・・・・・

オイラからの熱いメッセージ・・・・踊っていただけますかーーーーっ? 」

観客一同「うぉおおおおおーーーっ! 」

利美「・・・・社長・・・・何やってるんだ?」

遥「・・・・・・・・くす」

掴みはOKだよな・・・・

オイラも観客に混じり霧子の隣の前列席についた

霧子「・・・・社長っ!あんだけ腹痛とか訴えていて、なんなんですかあのノリは!?」

オイラ「いえ・・・その・・・つい・・・」

霧子「もぉ!盛り上がったからいいものの・・・・・あ、始まりますわ」

試合はあっという間だったよ

第一試合の遥は10分持たずに体固めで沈んだ

第二試合、トンちゃんも14分でフォール負け

オイラはそこまで見ると、後は霧子まかせて席を立った

会場の出入り口にテーブルを並べ、準備を整える

そうこうしているうちに団体オリジナルTシャツとジャージ姿の二人がやってきた

オイラ「おう、ご苦労さん 二人とも残念だったなぁ」

二人「・・・・・・・・・」

オイラ「これから、もう一仕事だ ここでDWMグッズの売り子をやってもらう」

利美「え!?」

オイラ「これも仕事のうちだ こうやって売り子やって、ファンのみんなに顔を覚えてもらう

客あってのプロレス興行だからな」

遥「・・・・・・うぅ」

オイラ「遥ぁ、情けない顔するなw トンちゃんも少しは笑った方がいいぞwww」

利美「・・・・・・・・・・」

オイラ「いやか?いやなら引っ込んでてもいいぞ、オイラ一人で売るからさ」

ちょっとの間、考えこんでたトンちゃんが口を開いた

利美「・・・・・しゃ・・社長、一人にやらせておくわけにいかないでしょっ!!」

遥「・・・・・・(コクリ)」

オイラ「ふふん♪ところでお前らサインの練習とかしてたか?もしかしたら・・・・ねだられるかもしれんぞ」

二人「・・・・・えっ?」

オイラ「おっと、終ったようだ トンちゃんはそっちで遥はこっちな・・・・あ、いかがすかーっ?DWMグッズw」

グッズは初興行だし、そこそこの売れだった

オイラが捌いてる隣でトンちゃんと遥はサインを書いてたり、写メに応じていた

まぁ、これがいつか価値がでるのではという算段の輩っぽいが・・・・

何故か、物好きもいるものでオイラにまでサインを求める者までいたよ

オイラ「オイラの(サイン)なんていらんでしょ~」

物好き「いやいや、社長さんですよね 挨拶ノリノリでしたよwww」

オイラ「お恥ずかしい・・・・・」

物好き「それに・・・・社長の応援すごかったですよ 自分とこの選手のwww」

オイラ「う・・・・(見られてたのか)」

物好き「立場上、なかなか声だせなかったようでしたけど なんか・・・ね、思わず社長の代わりに声援送っちゃいましたよ、僕www」

オイラ「うう・・・・・」

なにやら・・・・・両隣からすごく見られてる・・・・気がするわけよ

なによ・・・この空気は!?

物好き「それじゃ、これからも頑張ってください~www」

あいつはブラックリストいきじゃい!!

とまぁ、今シリーズ

トンちゃん、遥、共に全敗 メインに出っ張ることもなく終えましたとさ

ツヅク(`Д´)y-~ 

|

« ■レッスルエンジェルスサバイバー【PS2】(4) | トップページ | ■レッスルエンジェルスサバイバー【PS2】(6) »

【妄想炸裂】DWMストーリーズ」カテゴリの記事

【PS2】レッスルエンジェルスサバイバー篇」カテゴリの記事

コメント

凄い脳内補正ですなwwwwwwww
こりゃアイマスやったらこっちの世界に戻れなくなりそうだ

ちなみに今回は「おめかしできた?」がツボ付いたwwww

投稿: はみ | 2007年3月14日 (水) 20時49分

>はみさん

>脳内補正
書いた当人も読み返すのもイヤになってますよww


>おめかしできた?
リアルでよく使うwww

投稿: 秋酔 | 2007年3月14日 (水) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/237924/5659167

この記事へのトラックバック一覧です: ■レッスルエンジェルスサバイバー【PS2】(5):

« ■レッスルエンジェルスサバイバー【PS2】(4) | トップページ | ■レッスルエンジェルスサバイバー【PS2】(6) »