« ■レッスルエンジェルスサバイバー【画狼篇】(18) | トップページ | ■レッスルエンジェルスサバイバー【画狼篇】(20) »

■レッスルエンジェルスサバイバー【画狼篇】(19)

パルス!!(・∀・)人(・∀・)


はじめに

遅ればせながら新潟中越地震の被災者の皆様へ

この場よりお見舞い申し上げます

早期の復興を心から願いながら


で暑い日が続いてますんで、ちょっと弱ってますよ

そんなわけでラフ晒して場をしのぐわよ、しのぐわよ

Minami02

▼トンちゃん(南 利美)

久しぶりです(描いたの)


   r―――――――───────────‐ 、
   |設定?妄想ストーリー?後付けにしてやんよ|
   `ー―─――v―──────────―― '
        ∧_∧
        ( ・ω・)=つ≡つ
        (っ ≡つ=つ
        /   ) ババババ
        ( / ̄∪

ほれw


-夏も盛りにかかり、暑い日が続くぜ・・・

トンちゃんは単車のメンテ中、久しぶりのオフだってのに色気なしだねぇ、この娘はw

そこへオイラと霧子女史、次シリーズのための御用を済ませ、帰ってきたぜ

ガレージ前で屈む彼女を見つけ、オイラ達は近寄った

霧子「暑い中、大変ね」

利美「あ・・・お帰りなさい」

霧子「はい、これ お土産 溶けないうちにどうぞ」

笑顔で手にした箱からアイスキャンデーを差し出した

利美「ありがとー、いただきますw」

トンちゃん手を休め、霧子女史の差入れアイスキャンデーを食してますよ

まだまだ小娘だな、あんなに頬張って・・・・

利美「社長・・・なんか言った?」

オイラ「ふっ・・・何も・・・」

意味無くダンディに極めてやったさ、ふふ

そして焼けるような日差しを見上げた・・・こっちの方が絵になるんじゃね、なぁ

炎天下ってヤツだな・・・これは

談笑を続けるトンちゃんの後から麦わら帽子をポンと乗せてやった

利美「あ・・・・」

オイラ「被ってな」

利美「・・・・うん  ありがと

そう言うとトンちゃんは目深に帽子を下ろした


こんな感じでいいだろwwww

どっから麦わら帽子を出したかだとぉぉ?

オイラぐらいの社長になると都合よく、欲しいものポポンと出てきちゃったりするんだぜ

多分、他のレッスル社長にもそーゆー輩がいるはずだ

こんなの読んでないで他レッスル社長ブログを見逃すなwww


それじゃ

ぐんない(`Д´)y-~ 


|

« ■レッスルエンジェルスサバイバー【画狼篇】(18) | トップページ | ■レッスルエンジェルスサバイバー【画狼篇】(20) »

【絵描】画狼 篇」カテゴリの記事

【PS2】レッスルエンジェルスサバイバー篇」カテゴリの記事

コメント

ラフっつーか、下書きw
いつもこんなに汚いのさ・・・

投稿: 秋酔 | 2007年7月19日 (木) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■レッスルエンジェルスサバイバー【画狼篇】(18) | トップページ | ■レッスルエンジェルスサバイバー【画狼篇】(20) »